◇解説 フィードグ ブラス◇


レビューは、あくまで個人的な感想に過ぎません。初めに必ずこちらをご覧ください。

いろんなアングルの写真

大きい写真はこちら (横幅550ピクセルの写真です)

一見、ウォルトンに似た外見ですね。性能はフィードグのほうが遥かに上ですけど。


Feadog Brass Soprano D

ウインドウェイはやや広いんですけど、息量は少な目で済みます。

少ない息量で吹けるのは、このエッジの角度のおかげ…なのかしら?

これは新品の状態ですけど、使い込んできている今では、トーンホール周辺が変色しています。

小指をあてるところの変色も同様です。


特徴

ジェネレーションと並んで、このフィードグもかなりの人気を誇っているティンホイッスルです。音色は、金属的でクリアーなジェネレーションの音色をややハスキーにしたという印象です。音色の安っぽさ・ティンホイッスル臭さを好む人には、このフィードグがお奨めです。

演奏する時には、2オクターブ目のGの音がややカスレることがあるんですけど、これは演奏者のテクニックでカバーできる範囲だと思います。2オクターブ目のGが全く出ないのならばともかく、ややカスレる程度ならば、ひとつの「音色の味」として考えればいいでしょう。それが逆にフィードグの長所であり個性でもあると思うんですよ。

ウォルトンの不具合はめちゃくちゃですけど、フィードグの不具合は微々たるもんなので。

マウスピースをお湯で温めて外して、チューニングができます。


メーカーについて

フィードグは、アイルランドのメーカーですけど、かなり昔から世界中で人気があるようで、今もその人気は衰えていないようです。また、ウォルトンの品質ほどひどくはなくても、品質の問題がほんの少しだけ出てきています。

その品質の問題についてですけど、一般の楽器屋さんの店頭とかに大量に出回っているフィードグは品質が悪いというだけで、品質チェックをしっかりしている輸入業者さんならば、状態のいいフィードグを探してきてくれます。業者さん選びさえ間違わなければ、良質のフィードグが手に入るんですよ。私もそうやって良質のフィードグを手に入れましたし。

フィードグのサイトはこちら。

http://www.feadog.ie/


Home