◇アイリッシュピッコロ:Dixon(ディクソン) DX016D◇


※レビューは、あくまでも主観・個人的な感想であって、「吹きやすい」という表現は、あくまでも「自分の吹き方に合っている」という意味に過ぎません。別の人が吹いたらきっと吹きやすさの印象が全然違ってくるでしょうね。


購入方法は、当サイトのこちらのページをご覧ください。メーカーによってはディープリンクを嫌ってブロックしていることもあるので、全メーカーともにサイトのトップページのみにリンクを張っています。

 

DX015Dの一つ上の機種DX016Dです。



プラヘッドに分厚いアルミの胴管、高級感が出ていますね。DX015Dよりもやや重いです。

これはサボ練に持って行くにはちょっと怖いですね。アルミ胴管だから衝撃に弱いだろうし、運転中の車内は振動ありまくりですから。なのでこれはもっぱらプライベート用。

ディクソン好きのぺいがんさんによれば、

「メンテナンスのしやすさと吹いたときのざらつきが、いかにもティンホイッスルって感じの音になるけど、それでいて太い。
アルミは加工しやすいからハンドメイド系でよく使われますね。でも柔らかいのでティンホイッスル的な音を目指すならやっぱり真鍮かなとも思います。ディクソンはその辺わかってるみたいでアルミにしては明らかに分厚い管体ですよね」

とのこと。なるほど、そこまでは思いつきませんでした。


Home