◇霊界での彼氏について◇


最近(これを書いているのは2013/12/30)、霊界での彼氏のことを思うことが多いです。私の今生での性別やGIDのことや心の中を全て知っていて、その上で私の幼女化願望も受け入れてくれて、それも全部ひっくるめて、私を「彼女」として扱ってくれる、そんな人が出来たらいいなーと思います。

それに関連したことで、夢日記から抜粋しますけど、

2013/08/07

夢では私は、何歳かは解らないけど幼女(女子園児)の心と姿と声になっていて、白いドレスを着て、ダンスパーティーの会場のような所に居ました。会場ではチークタイムになって、私は誰か素敵な相手を探したんですけど見つからなくて、「シブくて素敵なおじさまは、なかなか居ないなぁ〜」と言いました。そしたら側に居た20代後半くらいの男性が「おじさまじゃなくたっていいだろ、めあ、俺でガマンしろ」と言ってきたので、私は「ん、わかったー」と言って、その男性とチークを踊りました。以下、その時の会話です。

 

私「シブくて素敵なおじさまは、なかなか居ないなぁ〜」
男性「おじさまじゃなくたっていいだろ、めあ、俺でガマンしろ。さぁ踊ろうぜ」
私「ん、わかったー。(おじさまとダンスできないことを残念がって、男性とダンスをしながらため息混じりに)あ〜あ〜…ん〜ん〜…はぁ〜…」
男性「なんだよ。いかにもつまんなさそうな顔しやがって。よっぽど俺とダンスするのがイヤなようだな」
私「(慌てて両手のひらをブンブン振って)う、ううん、そんなことないよ。めあちゃん楽しいよ。あはは、あはは、たのしーなー。あはははははは! らんららんらら〜ん」
男性「いいよ…気を使うなよ…どうせ俺はシブくて素敵なおじさまじゃないからな。めあはシブいおじさまのことしか頭に無いみたいで、俺は寂しいよ…どうせ俺はお前の好みの男じゃないよ…」
私「ううん、あなただって素敵だよ。だってすっごく優しいじゃん。ありがとー! とっても楽しかったー! また遊んでねー!
    (思いっきり両手を振って)ばっばーーーい! (そして男性と別れた後で)…はぁ…やっぱりシブくて素敵なおじさまとダンスしたかったなぁ…」

 

    私のオヤジ好きは健在ですね(笑)。チークを踊った男性は、一見見知らぬ顔だったんですけど、以前から知っているような親しみのある雰囲気をしていました。実際、親しそうな会話をしていましたから。霊界でのただのお友達かもしれませんけど、類魂のメンバーとかだったら嬉しいです。幼女の心と姿になれていたことも、すっごく嬉しかったです。

という風に、霊界で4歳幼女になったら、優しくてシブイ中年男性に遊び相手になってほしいと思っています。もちろんエッチな意味なんて皆無で、とにかく、そういう男性に優しさという名の愛を注ぎたい、できれば一緒にダンスとかも踊ってほしい、んで、できれば一緒に遊園地とか映画館とか公園とかに行って遊んでほしい。こういう、「幼女の視点から見た、素敵なお父さんのような存在」がほしいですね。

私は無条件に男性に対して優しさという愛を注ぎ、男性は私を自分の子供のように可愛がってくれる、こんな清い関係ができたら嬉しいです。ピーター・フォークとかパトリック・マッグーハンとかロバート・カルプで解らなかったら、チョ〜有名どころで、「インディジョーンズ」のハリソン・フォードとか、好きですねー。とにかく、いい年の取り方をしている中年・老年男性が好きです(そういえば、ハリソン・フォードについては、柊あおいさんも少女雑誌「りぼん」のコメントで大好きだと言っていましたっけ)。

人間界で男の姿でこんなことを言ったら即ホモ扱いされるでしょうけど、私はホモじゃないし、「女の子として」そういう男性が好きなんですよ。そこのところ、誤解のなきようにお願いしますです。ただのオヤジ好きなのか父性愛に飢えているのかは解りませんけどね。

 

既に他界している父は、私が幼少時代の頃から滅多に家に帰って来なくて、父が居ない生活が当たり前だったせいで、私は父性愛に飢えていたのかもしれません。でも、父がまだ生きていた時でも、私は、当時勤めていた会社の30歳くらい年上のシブくて優しいおじさまのことを「○○さぁん・・・素敵」と思っていたことがあります。マジです。30歳も年上の男性のことを素敵と思っていたんですよ。なので、生まれつきそういうファザコンならぬオジコンが入っているのかも(笑)。

ネット友人のFさんとの会話で、「おじさま好きな幼女、かわいいじゃないですか。娘に相手にされなくて寂しい思いをしているおじさまに『めあちゃんと遊ぼう〜〜〜!』って言って遊んであげたら、近所のおじさま達からモテモテのアイドルになれますよ」と言われたのが発端というかキッカケなんですけど、霊界に行ったら、そういう、「娘が遊んでくれなくてなぁ・・・」と寂しい思いをしているおじさまたちの気が済むまで遊んであげたい。いろんな寂しい気持ちのおじさまたちのために遊んであげたい。そうすれば霊界で寂しい思いをしているおじさまたちからモテモテのアイドルになれます、でへへ。霊界でおじさまたちからのアイドル、やってみたーーーい!

寂しい思いをしているおじさまに向かって、満面の笑顔を浮かべて元気いっぱいに、

って言って遊んであげて、寂しい気持ちを紛らわしてあげたいです。プライベートではもちろんのこと、毎晩の仕事の運転中にも、上のセリフを独り言で喋って、幼女の心の練習をしてます。

 

でも、夢に出てきた20代後半の男性は、一見見知らぬ顔でも、心の奥底では昔から知っているような、とっても親しみを感じる人でした。言葉遣いはちょっと荒っぽいけど、それは「優しさの照れ隠し」という風に見えました。そういう風に、言葉遣いはちょっと荒っぽくても心はすっごく優しくて、私のことをいつも慕ってくれている、そういう人だと感じました。もしかしたら、類魂のメンバーなのかもしれません。類魂のメンバーで、なおかつ彼氏になってくれるなら大歓迎です。

それに、私は「シブくて素敵なおじさま」にこだわっていましたけど、それはあくまでも外見的なことに過ぎないので、夢に出てきた男性のような人のほうが理想なのかもしれないなーと思ったりもします。それにそれに、20代後半の男性であれば、4歳幼女の私から見て、年齢差という意味でも立派に「幼女の視点から見た、素敵なお父さんのような存在の彼氏」になるんですよね。

人間界と違って、霊界では、たとえ20代後半の男性と4歳幼女が恋人同士であっても、恋愛の年齢差は関係ありませんし誰にも咎められません。なぜなら霊界では、基準になるのは外見的な年齢や容姿ではなく、お互いの心の状態だけですから、そういう父娘のような恋人同士が居ても、何も不思議は無いんですよ。お互いがしっかり大人としての愛と英知を持ってさえいれば(←ここ大事)、それで立派に恋人同士として認められます。

ということで、もしかしたら、あの男性は霊界での私の彼氏になってくれるかもしれないなーと。私の今生での性別やGIDのことや心の中の全てを知っていて、その上で幼女化願望を全て受け入れてくれて、それも全部ひっくるめて私を「彼女」として愛してくれれば嬉しいなーと。そんな淡い期待を抱いています。

更に言えば、オジコンな4歳幼女(私)の彼氏が、中年男性はもとより老年男性だとしても、誰にも咎められないし、大いにアリだと思うんですよ。ましてや私は男性側の立場じゃなくて幼女のほうの立場ですし、幼女の心だけじゃなく成人女性としての心も半分持っているんですから、なおさら周囲の目からもオッケーかと思います。昔から巷で「愛があれば年の差なんて関係ない」ってよく言われていますけど、私はその極端な例かもしれないですね(笑)。だって見方を変えれば、精神的な年の差は殆ど無いに等しいかもしれないんですから。姿はともかく、精神的な面では普通に成人同士のカップルなんですから。え? そこまで必死になってオジコンを正当化しようとしなくていいって?(笑)

まー要するに、霊界において、大幅に年上の、それこそお父さんかお爺ちゃんほど年の離れた遊び相手のような彼氏が欲しいなーってことを言いたいんですわ。

夢の彼の言葉遣いはちょっと荒っぽいけど、優しさの照れ隠しでそうしているだけで、絶対に暴力は振るわない、そういう男性だったらいいな。ってか、暴力を振るう男性だけは絶対にダメです。受け付けません。

あ、夢の彼みたいに荒っぽい言葉遣いの男性じゃなくて、風貌も性格も根っから優しい男性も大好きです。今は亡くなっていますけど、
坂上二郎さんなんて、もう、その優しさと人情深さに心打たれて、「結婚してください!」って言いたくなったほど
でしたもん(笑)。テレビを見てそう思っただけで、実際にお会いしたことはないんですけどね。

関連したハナシで、「刑事コロンボ」の「さらば提督」で、おじいちゃんほどの歳の離れた男性と婚約をした女性リサについて、関係者たちが、「驚いたな。孫ほども歳の差がある男と婚約するとは」と驚いているシーンがあるんですけど、リサは本当に本心から男性を愛していて、「愛があれば歳の差なんて関係ないわ。あの人に幸せな余生を過ごさせてあげたいから婚約したの」と言っていました。

それと同じで、霊界で、4歳幼女の私が、それこそ60代70代のおじいちゃんとカップルになっても、大人としてのしっかりした愛さえあれば、誰からも咎められません。姿や外見的な年齢は判断基準ではなくて、心の状態だけが評価されるのが霊界だからです。

 

以下ちょっと脱線です。

で、ちょっと思ったんですけどね、いくら大人としての愛と英知を併せ持っているとはいえ、4歳幼女の心と姿になっている私のことを純粋な恋愛対象として見てくれる人は、「夢の彼以外には」居るのかなー? って。ただ姿がかわいいからという理由で性的な意味だけで愛されても、幼女の私本人としては非常に困りますし、かといって私の恋愛感情は「幼女の心と姿になって大人の男性を心から愛したい」のだし、うーーーん…。難しいところだ。ロリコンさんの肩を持つつもりは毛頭ありませんけど、ロリコンさんの中には「幼女を純粋な恋愛対象として見ているから、お付き合いしてみたいと思う」という考えの男性もいらっしゃるようです。たとえその男性が純粋にそう思っていても人間界では当然、絶対に許されませんけど、その男性も私も寿命で死んで霊界に行ってから、私は一度その男性に会ってみて、「4歳幼女の心と姿になっている私を本当に純粋な恋愛対象として見てくれるのか」を確かめたいところですね。


↑こんな姿で


↑こんなスペックで


↑こんな大人の心も半分持っていて


↑こんな風に、メチャメチャ涙もろい

こんなチョ〜変わり者の私を好きになってくれるのか? と聞きたい。

で、「いくら姿が幼女でも大人の心が半分混じってるなんてイヤだ。100%幼女の心だけじゃなきゃイヤだ」とか言われちゃったらそれまでですけど。

脱線でしたけど、霊界で私の彼氏になってくれる人は、やっぱり今のところは類魂のメンバーかもしれない「夢の彼」しか相手は居ないのかなー?

某所で、「こんな変なヤツの彼氏になりたいなんて思う男はいねーよ」とか「脳内彼氏で妄想してろ」とか言われそうだけど、気にしなーーーい(笑)。

 

(注:検索などでイキナリこのページを最初に読んでしまった人は、まず下の「Home」をクリックしてトップページに戻ってから、私の心の中をジックリ理解してください。私は心が女だしロリコンではないし、むしろ「幼女の立場になって男性から愛されたい」というだけですので、くれぐれも誤解なさらないようにお願いします)


Home