◇「霊媒の書」から◇


※今までの断定口調を修正しました。もちろん長年の研究の結果、神様や霊界の存在は100%信じていますし、公言して、はばかりません。ですからその意味では断定口調のままでもよかったのかもしれませんけど、こんな未熟な魂の自分がエラソーに見えちゃうの恥ずかしいから、やっぱしここは分相応に、「〜らしいです」「〜だそうです」とかの、「〜って偉い人が言ってた」表現に変えています。上から目線とか教条的とかにだけは、絶対になりたくないので。

要するに、私は霊的真理を教える側じゃなくて、どこまでも「教わる側」のヒヨッコ魂なので、自戒を込めて、自分に強く言い聞かせるつもりで書いています。


「霊媒の書」から、霊的真理をピックアップしていきます。原文はこちら

霊性の進化の速度について。霊は進化の法則によって拘束されているらしいですけど、各人に自由意志がありますから、各人の努力の度合いによって霊性の進化の速度が違ってくるそうです。それほど時間をかけないで霊性が高まる霊も居れば、いつまで経っても低い霊性のままでいる霊が居るのは、この自由意志によるものらしいです。

霊能者の低い霊視能力について。テレビ番組で霊能者が「霊にも千年くらい生きているのが居ますから」とか「霊界という所は暗くて寂しい所で、人間界のほうがよっぽどいい」などというコメントをしたことがありますけど、これはとんでもない見当違いだと思います。霊とは永遠に生きる存在であり、霊界は明るくて素晴らしい所ですから、この人たちの霊視能力は霊界でも低い界層しか見えていないのではないでしょうか。そういうコメントはうかつに信じないほうが安全かと思います。

ダブルについて。人間界においても霊界に行ってからも、ダブルはいつでも霊の体を包んでいるそうです。死ねば古いダブルが脱ぎ捨てられて改めて新調のダブルをまとい、霊格が高くなるにつれてダブルもどんどん新しい精妙なものに変わっていき、そしてダブルは必要に応じてどんな姿かたちにも変形させることができるそうです

物理現象の危険性について。コックリさんなどの物理現象は、人間界での物的波動から脱していない低級霊が絡んできて悪影響を及ぼすらしいです。大変危険なので、絶対にやってはならないそうです。レベルの高い交霊会における高級霊団からの働きかけによる物理現象は、高級霊が低級霊の言動を常に監視しているので安全なのだそうです。

引き寄せる霊について。人間の霊性が高くなるほど、引き寄せる霊は霊格の高い霊になるそうです。背後霊がその人の霊性の高さによって入れ替わることがあるのも同じ理由からだそうです。

霊的な影響力について。人間の言動や自然現象などには、ものすごい数の霊の働きかけがあります。些細なことから人間の生死に至るまで、いろんな状況で霊的な影響力は働いているらしいです。

守護霊の反応について。人生において重大な岐路に立たされた時、精神統一(瞑想)をして守護霊のアドバイスを受けようとする際に、すぐにいいアドバイスをくれる場合もあれば、何の反応もないことがあるらしいです。そういう時は「待て」の指示であると思うべきなのだそうです。

正義の怒りについて。霊格が高い人でいくら正義の怒りとはいっても、しょっちゅう怒っていては霊的な波動が乱れて、高級な背後霊たちが手を引くことがあるそうで、正義の怒りもほどほどにしたほうがいいそうです。

霊能力の使い方について。霊能力を持っている人がそれを正しく(人のためなどに)使用しなかった場合、霊能力のない人よりも大きな罰を受けるらしいです。神から授かったせっかくの霊能力をないがしろにしたということへの罰なのだそうです。

高級霊の身元について。交霊会で高級霊が身元を明かさないのは、明かしても意味がないからという理由らしいです。それよりもその高級霊の言っていることを吟味すべきで、軽々しく歴史上の偉人の名前を名乗ったりするのは低級霊の場合がほとんどらしいです。究極の場合は、大真面目な顔で「私は神である。神を崇めよ」と言ってくる霊などでしょうね。冗談バレバレの雰囲気でおちゃらけて言うのならまだ可愛げもあるんですけど・・・

霊的真理を実践しない人について。どんなに口先だけで知的で高尚な霊的真理を語っても、それを実践しない人には、高級霊は構ってくれないそうです。霊的真理を実践することは何よりも大事なんだそうで、これは身につまされて耳が痛いです。実践していきたいなー。

幼児の霊について。生まれて間もなく他界した幼児の霊の中には、招霊してみると、立派な大人の意見を言う霊も居るらしいです。これは、その幼児の霊が幾多の前世で大人まで成長して知性を備えたことがあるためだそうです。いくら幼児の霊とはいっても、霊界に行ってからは大人の知性や道徳性が備わっているそうです。

霊界通信での予言について。交霊会で霊が予言をすることがありますけど、「何年何月何日にこういうことが起きる」などという、あまりに細かい時期の予言は低級霊のデタラメ予言である可能性が極めて高いのだそうです。たとえ高級霊でもそれが起きること自体は解っていても、いつ起きるのかまでは解らないそうで、全てを知っているのは神だけということらしいです。ですから、交霊会での細かい予言だけでなく、人間界での人間の細かい予言もアテにしないほうがいいみたいです。

指導霊の入れ替わりについて。邪悪な心を持った人間にはそれ相応のレベルの指導霊しか付かないらしいです。ですからその指導霊が与える助言も低級なものであることが多いらしいです。人間が邪悪な心を反省して善の道に目覚めれば、指導霊もよりレベルの高い霊に入れ替わるそうです

高級霊が手を貸すことについて。高級霊は人のためになることや本人の魂の向上のためなら喜んで手を貸しますけど、名誉欲や金銭欲などの次元の低いことには絶対に手を貸さないそうです。低級霊に騙されるのは騙されるようなことをしている人間に限るのだそうです。低級霊に騙されないようにして、なおかつ高級霊からの恩恵を受けるためには、人間界での次元の低い欲を捨てなければならないのだそうです

以下、「低級霊の判別と対処方法(現代審神者(さにわ)学)」から引用しますけど、

霊界では、低級霊といえども、短期間ならば自分の姿を思いどおりに変化させることができるのです。また地上人と縁故の霊を真似て、感激的な再会の場面をわざわざ作り出すようなことを企む霊もいます。

とのことです。低級霊でも短期間の変身能力はあるんですね・・・ 中級霊以上だけの能力かと思っていたので、ちょっと意外でした。でもしょせんは短期間の変身能力ですから、すぐに本来の姿がバレてしまうと。それではあまりにも哀れです。そういう低級霊に騙されないように、惑わされないように気をつけないといけませんね。最初は地上人をうまく騙して有頂天にさせて、最後に奈落の底に突き落として、地上人が苦しみ悩む様を見てほくそ笑む、これが多くの低級霊の手口らしいです。気をつけましょう(自戒をこめて)。


Home