◇「ブルーアイランド」から◇


※今までの断定口調を修正しました。もちろん長年の研究の結果、神様や霊界の存在は100%信じていますし、公言して、はばかりません。ですからその意味では断定口調のままでもよかったのかもしれませんけど、こんな未熟な魂の自分がエラソーに見えちゃうの恥ずかしいから、やっぱしここは分相応に、「〜らしいです」「〜だそうです」とかの、「〜って偉い人が言ってた」表現に変えています。上から目線とか教条的とかにだけは、絶対になりたくないので。

要するに、私は霊的真理を教える側じゃなくて、どこまでも「教わる側」のヒヨッコ魂なので、自戒を込めて、自分に強く言い聞かせるつもりで書いています。


「ブルーアイランド」から、霊的真理をピックアップしていきます。ブルーアイランドは夢幻界や幽界と同じ意味で、用語が違うだけです。

夢幻界の環境について。夢幻界の環境は人間界と非常によく似ていて、潜在能力が直ちに発揮されて願望通りの環境を作るんだそうです。人間界と違うところは、全てが明るく美しく輝いていることらしいです。環境の全てに実態があって、しっくりとした現実感があって、それまで暮らしていた人間界とほとんど変わらないんだそうです。

人間界での生活について。いくら夢幻界の生活が美しく素晴らしいものだからといって、人間界での生活をおろそかにしてはいけないのだそうです。死後の世界のことは頭の片隅に楽しみとして覚えておいて、人間界でするべき生活や仕事を大切にしなければならないそうです。この世に生まれてきたからには魂の成長を成し遂げるという目的があるかららしいです。

夢幻界での暗闇について。人間界において霊的な知識を何も知らず、また自分本位に生きてきた人は、大抵、夢幻界では暗闇の中に置かれるそうです。その状態から抜け出すには、霊界の秩序を一から勉強して、人のために尽くすことを覚えなければならないそうです。その時に感じる喜びが天国であり、天国とは心に生じる状態のことなんだそうです。ということは昔の私は、そのまま死んでたら暗闇の中に放り込まれるところだったのか・・・ヤバかった・・・

心の管理の大切さについて。霊界全体においては心の状態が決定的な要素になるので、人間界に居るうちに心の管理をすることが大事らしいです。死んでから幸福感を味わうのも絶望感を味わうのも、人間界で送った心の状態次第なんだそうです。性格の質はどうか、好機を活用したかどうか、動機は正しかったかどうか、援助を正しく活用したかどうか、その全てが問われて、夢幻界で住む界層が決まるんだそうです。

精神世界について。霊界全体は精神世界ですから、心に思ったことは精神世界においては実行したのと同じことになるそうです。ですから人間界に居る間も、極力、悪感情を持たないようにしなければならないそうです。その悪感情は実行したのと同じことになるかららしいです。思うだけでもヤバイなんて怖いですね。

本当の故郷について。本書では「気分的には何だか最初からここの住人だったような気持ちなのです」と書かれていますけど、それでいいみたいです。その通りなんだそうです。人間の本当の故郷は霊界なんですから。ちなみに、霊界の様相は人間界とそっくりらしいですけど、本来の世界は霊界であって、人間界が霊界の写しなんだそうです。

人間界での全記録の点検について。人間界でやった行動・言動・思考は、死んで夢幻界に来てから、その全記録を点検させられるそうです。裁判官のような人が点検するのではなく、自分自身がするらしいです。その際、後悔するような内容が多かった場合、罪を償いたいと思うのも、その時らしいです(身に覚えがあるな・・・)。この場合は必ずしも再生することではなく、誰かの背後霊になって罪の償いと魂の成長を目指すこともあるそうです。

幽体や霊体について。肉体が滅んだあと幽体や霊体は、意念のチカラでいかようにも変形させることができるそうです。しかし実際には個人個人がそれぞれの霊格に応じた形態をしているそうです。

実相の世界について(ここから先は夢幻界の上の世界である霊界についてです)。(狭義の)霊界は実相の世界らしいです。霊界では各個人が好きな家屋に住んでいるらしいです。人間界でひどい貧乏暮らしをしていて豪邸に住むことに憧れていた人はその夢が叶えられるんだそうで。でも豪華な生活に甘んじてしまって魂の成長をおろそかにすると、豪邸は没収されて別の調整手段が講じられるんだそうです。夢幻界と違って、無限の自由が許されているのではなく、魂の成長のための努力を続けなければいけないんでしょうね。

レクレーションについて。霊界でもあらゆるタイプのレクレーションがあるらしいです。人間界で強く抱いていた気持ちや趣味や性癖は、魂の成長にとってマイナスにならない限りは何でも許されるそうですから、これを見て私は安心しました。

テレパシーについて。霊界全体においては言葉を使って会話をする必要はなく、テレパシーで会話することができるので、口を閉じたまま会話することができるんだそうです。外国人とも何の障害もなく話せるらしいです。

動機について。霊界では霊的真理や知識を得たいと思えばすぐに得られるらしいです。でもそれだけに動機が間違っていれば即座に罰せられ、その償いをしなければならないそうです。霊界では動機が全てなんですね。

イエスの霊について。地球圏を支配していて、地球へのスピリチュアリズム普及活動の総指揮官を務めているのがイエスの霊なんだそうです。


Home