◇独り言(2013年)◇


2013/09/30

どのページに書いたらいいのか解らなかったので、ここに書きます。ここは私の幼女化願望についての雑記みたいなものですね。

えっとですね、今までずーーーっとサイトのあらゆるページをご覧になっていればお解りかと思いますけど、なぜ私がちっちゃい子に対して「さん」付けをするか、疑問に思ったことはありませんでしょうか? え? ない?(笑) でもまー、聞いてください。

男の子でも女の子でも、稀に「ミニデーモンか?」と思うような悪魔的な性格の子も居ますけど、そういう子は別として、基本的にちっちゃい子、特に園児から小学校低学年くらいまでは、霊界から持ち越してきた「清い心」をまだたくさん持っています。成長していくにつれてだんだん汚い心のアカにまみれていく前の、本当に純粋な心なんですよ。霊界で「前世では心の修行を怠ってしまった。清い心を忘れてしまっていた。だから今度の再生人生こそは魂の成長のために清い人生を送ろう」と決心して生まれてきたチャレンジャーか、あるいは霊界で神様から作られた全く新しい魂を持った、人間界に初めて生まれてきたピュアスピリットなんですよ。

そういう人たちの心=ちっちゃい子の心は、人間界の悪感情にまみれた、いわゆる「大人の汚い心」に比べたら、たとえ今生の人生の経験値は少なくても、霊的にいえばずっとレベルが高い純粋な心を持っている人なんです。

だから私は、「純粋で清い心の持ち主」として敬意を表(ひょう)して、ちっちゃい子を「さん」付けで呼ぶんです。山内菜々さん、芦田愛菜さん、小林星蘭さん、畠山彩奈さん、藤井杏奈さん、四葉のクローバーの声が聞こえる少女(お名前は以前YouTubeの動画を見て知っていましたけど、素人さんなので実名は伏せます)、以上、女の子ばっかり挙げましたけど、男の子にも同じように「さん」付けをします。その他にもいろいろなちっちゃい子をサイトで語ってきましたけど、どなたにも「さん」付けをしていることに、お気づきでしたでしょうか? そういう理由からなんです。ちっちゃい子の純粋な心を尊敬の眼差しで見ているのです。

かつて芦田愛菜さんが「一人前の大人として扱ってほしいから『愛菜ちゃん』と呼ばないで『芦田さん』と呼んでほしいです」と言っていたことがあったんですけど、それと似たような感覚で、私は「さん」付けをしているというワケです。

 

それに深く関連したことで、私に「花の魔法使いマリーベル」を教えてくれたネット友人のFさん、そのFさんから新たに教えてもらったことを。Fさんもまた、大人になっても幼少時代の純粋な心を忘れていない、尊敬に値する素晴らしい人です。Fさんから聞いたことを要約すると、

かつてNHK教育テレビの「できるかな」という番組で、ゴン太くんというちっちゃい子と一緒に工作していた、ノッポさんという大人の人が居る。ノッポさんは「子供」とは決して呼ばない。敬意を払って「小さい人」と呼ぶ。

「私たち大人よりも賢くて心が綺麗でしょう。そんな賢い人を『子ども』と呼ぶわけにはいきませんし、『子ども目線』という言葉も好きではありません。自分(ノッポさん自身)の栄光の頃を思い出しても、40代や50代ではなく、5歳くらいですね」

と話すノッポさんからは、京都から引っ越して来た東京で、親戚のおばさんの思いやりのない心を知った5歳の記憶など、当時の思いが次々に溢れ出た。

という記事があるそうです。Fさんもノッポさんの思考が好きだそうで、私も「ノッポさんも、ちっちゃい子に敬意を表(ひょう)しているんだ! 私と同じ考え方の人が居る!」と感激してノッポさんを好きになりました。

こんな私は、変わり者でしょうか? 変わり者でも、神様からいただいた純粋な心を決して忘れたくありませんし、今までの悪感情にまみれていた大人の汚い心を浄化して、もっともっと純粋な心になりたいです。

ですから今後も、ちっちゃい子に対して敬意を表(ひょう)して「さん」付けをしていく姿勢は、ずーーーっと変わりません。なんといっても、彼ら・彼女らが持っている純粋な心は、私が心の底から憧れている心ですから。霊界に行って、どこまでも純粋で優しくて無邪気で可愛らしい心の4歳女子園児になって、大人としての愛と英知を併せ持った、愛の使者たる、マリーベルのような存在になりたいですね。そのためには毎日欠かさず心の修行をがんばるのみ!

いつか絶対に、絶対に芯から純粋な幼女の心になってみせる! がんばるぞ、おー!


2013/09/16

これを書いているのは早朝ですけど、台風が今日の日中に上陸しそうですね。

私は、さっきまで仕事に行ってました。昨夜22:00くらいから今朝の6:00くらいまで仕事で、殆ど車の運転でした。雨や風が強くなったのは仕事を終えるちょっと手前くらいで、なんとか仕事を終えたのはよかったんですけど、通勤がバイクなので、もう帰りは風にバンバンあおられて怖かったですよ。

で、帰ってきてからウチの地域は更に風雨が強くなりました。現在外は暴風雨です。これで思ったこと。

という風に、最後はお祈りモードに入っちゃいましたよ。

今日はカレンダー上では祝日(敬老の日)ですけど、日中に台風が上陸しそうな、また上陸した状態で仕事をされる人も、たくさんいらっしゃるでしょう。本当にご苦労様です、くれぐれもケガなどをしないように気をつけてください、としか言えません。どうか大きな被害が出ないようにと祈っています。


2013/07/28

先日、年に一度の健康診断を受けたんですけど、毎年お決まりの診察項目を消化していって、心電図を取る時に、やっぱり今年も上半身裸になって取りました(アタリマエか)。その時の恥ずかしかったこと。女性の看護師さんがやってくれてこんなに恥ずかしいんですから、男性の看護師さんだったらどうなっちゃうのかなーなんて思います。まぁ診察だというのに恥ずかしがる私が悪いんですけどね。やっぱり心はだいぶ、というかほぼ完全に女性になっている証拠でしょうね。

それと関連して、先日の仕事中での出来事を一つ。

社用者を運転していたんですけど、いつものように一人っきりだったので、例によって運転中に幼女の心になる練習をしていて、憧れている幼女の動画のセリフと身振りをマネしながら運転してて、もうハマっちゃってかなり気分が高揚して、ほどよく幼女の心になって、そのまましばらく運転していたんですけど、ある工事現場を通りかかった時、こっちを見ていた土木作業員の若い男性が私に向かって

「ブース」

と一言。…う〜、いやまぁ、ブスと言われたこと自体は悲しかったけど、外見のことで攻撃されるのにはもう慣れっこですし、それは今回の話とは別の話なので、ちょっとおいとくとして、とにかく女性と間違われたんですよ。ってことは…

女性と間違われるくらいに、私の醸し出す雰囲気が女性っぽかった証拠だ、ということですね。ここ一年間ほど髪の毛をちょっと伸ばしているせいもありますけど、幼女の心になりきっている時の私の雰囲気はかなり女性っぽい(あるいは幼女っぽい?)オーラみたいなものが出ているんじゃないか、なんて思いました。

幼女の心になっていない時でも、「物腰が柔らかくて立ち振る舞いが女性っぽい」と言われることがありますし、そういうヤツが幼女の心なんかになったら、ますます女性オーラというか「私女の子なのよ光線」が出ているんじゃないかと(笑)。そりゃ女性と間違われても不思議じゃないでしょうねー。人間界でも心の状態は表情や雰囲気に出ますから、そういう意味でも嬉しかったです。

というワケで、悲しくも嬉しかった、複雑な心境の出来事でした。ベロベロベ〜。と、藤井杏奈さんのマネをして悲しさを誤魔化してみたりして。

いいもん、あと何年生きなきゃならないか解らないけど、霊界に行ったら、晴れてこの男の姿とは永遠にオサラバだもん。そしたら絶対にかわいい4歳幼女になってみせるんだもん。そのために今後も幼女の心になれるように、がんばるぞ、おー!

でも最近は本当に、少しずつではあるけれど、大人の心モードから幼女の心モードに切り替えることが上手にスムーズにできるようになってきたことが、一番嬉しいですね。


2013/07/19

最近では毎日、起きている時に約30分間くらい幼女の心になれていることは別のページで書いたとおりなんですけど、昨夜、仕事に出かけようと思って準備していたら、近所の路上を酔っ払いの中年男性がクダまいて歩いてました。何やら「こんな世の中生きてても仕方ねえんだ〜。死んだほうがいいんだ〜」とか言ってました。会社で何かあったのか、それとも家庭でなのかは解りませんけど、ふと、「もしここが霊界で、私が幼女の心と姿になっていたとしたら、あの男性に向かってきっとこう言うだろうな」と思って、ちっちゃい女の子が一人称を使う時に自分の名前に「ちゃん」を付けるのと同じように、一人称を「めあちゃん」として、男性に話しかけてるつもりで、幼女になり切って自室で一人ごちてみました。

なーんて風に。…くくく、ちょっとーヤダもうー。何やってんだろ私。でもチョ〜ハマりすぎ。自分でやっといて自分でウケて、手足ぶんぶんさせて幼女のようにはしゃぎ回ってしまいましたよ。私ってば本気で幼女の心モードになると、ホントにこんなカンジの口調になるからなー。

いえ、ホントはふざけるつもりはなかったんですよ。「死んだほうがいいんだ〜」なんて言ってるものだから、できれば「最大の過ち・自殺について」のページのアドレスでも教えたかったんですよ。でも相手は酔っ払いの、しかも中年男性。「なんかの宗教の勧誘かコラ!」とか言って絡まれたら怖いじゃないですか。ただでさえ男性恐怖症だし、それに出勤間際だったし。でも、もしあの男性がパソコンかケータイを持っていたら、先のページを見てくれることを願うだけです。私にはそれしかできません。

だから仕方が無いので、「もしここが霊界で〜」という妄想話で気を紛らわしたんですわ。

でも、もし本当に死後、霊界で今回のような出来事に遭遇したら、今度こそ私は幼女の心と姿になって、あの中年男性を「おじちゃん、大丈夫だよ。めあちゃんが付いてるからね。安心して」と優しく抱きしめてあげたいです。幼女になって、人生に疲れた中年男性を抱きしめて励ましてあげる(もちろん変な意味ではなく)、それも立派な愛の与え方の一つですよね。そういうシチュエーションって実は密かに憧れていたりします。それが例えばピーター・フォークとかパトリック・マッグーハンとかロバート・カルプ似の優しくてシブ〜イ中年男性だったら、私はもう喜んで抱きついちゃいます(←オヤジ好き)。おっとヨダレが…いけないいけない。

こういう妄想を抱くのは、10年ほど前に父の一方的な都合で父とコミュニケーションを殆ど取らせてもらえないまま死なれてしまったのが悔やまれて、その辺の物足りなさ・寂しさが、オヤジ好きなシチュエーションを妄想させるのかもしれませんね。うん、きっとそうだ。お父さん、今頃霊界でどうしてるだろうなー。私の幼女化願望を知って呆れてるんじゃないかしら…。「こんなナヨナヨしたみすぼらしい息子を持った覚えは…」とか言ってたりして。ま、いっけどね。それかもうとっくに再生してるかなー。霊界に帰ったら一目でいいから会えればいいなー。

というワケで、毎日順調に幼女の心になることができています。短時間しかなれない日もあるけど、けっこう長時間なれる日もあるので、平均すると一日約30分間くらいですね。もっとコンスタントに長時間なれるように今後も修行がんばろう!


2013/05/25 (起きている時に幼女の心になった連続時間の自己ベスト更新4回目)

最近は、毎日数分間だけとはいえ、起きている時に幼女の心になれるようになりました。でも今日の体験は今までで一番長かったです。連続45分間くらい幼女の心になれました。連続記録は今までは長くても30分間くらいだったので、自己ベスト更新です。

今日は土曜日で仕事は休みなので、ショッピングセンターにまとめ買いに行った時、歩いていたら、心の奥底からジワジワと湧き出てくるものがあって、「これは…あ、いつもの心! きたきた! 今日もきた!」となって、たちまち私の心は幼女の心でいっぱいになりました。

「ああ…今日はなんだかすごい。私今、ものすっごく純粋で、ものすっごく無邪気な幼い女の子の心になれてる。ああ、思いっきりかわいいお洋服を着てオシャレしたい! 遊びたい! 踊りたい! はしゃぎ回りたい! カン高い声でキャ〜〜〜ッて叫びたい! もう、すっごく幸せ〜〜〜!!」

っていう風に感激しまくりでした。しかも買い物をしている間中、そして帰りの道中もその心の状態がずーーーっと続いていたので、連続約45分間、この世のパラダイスでした。あまりに嬉しすぎたのでガマンできなくなって、家に帰ってから自室に入ってすぐに、両腕と両脚を振り回していろんなポーズをとったり、意味も無いのに踊ったりしました。私がやっていたことは幼女が嬉しい時にやる仕草そのものでした。完全に幼女の心になりきっていたんです

そして、前半はただ「幼い女の子の心」だったのが、後半では「誰かを幸せにしてあげたい」という愛の気持ちが泉のように湧き出てきて、良心と善意のカタマリのような気持ちも加わって、

「こ、この気持ちは…! うわ、一年前くらいに体験したっきりの、幼女の心+霊の心! 今、とびっきり純粋で無邪気で、それでいて大人としての愛の心も溢れている、幼い女の子の心だわ。私が最終目標にしている理想的な幼女の心じゃん! 4回目ついに体験できた。マジすっごい…なんという幸せな感覚…。シルバーバーチの言う『天国はその人の心の中にある』って、こういうカンジなんだろうなぁ」

となりました。で、今やっと大人の心モードに帰ってきた(笑)ところです。

今回の体験で解ったのは、「理想的な幼女の心になりたければ、とにかく先ず何は無くとも、心の底から無邪気になればいい。そうすれば自動的に幼い女の子の心になれるし、愛の心も発動される」ということです。これ、あくまでも私の場合に限ってです。人によっては方法が全然違うこともあると思います。

そうです。心の底から無邪気になれば

「愛に溢れていて、ちょっと天然ボケが入っていて、あまりにも天真爛漫すぎるが故に、一つ間違うとアホっぽく見えてしまいそうな、幼い女の子の心」

になれるんです。言い換えれば、それを意識しさえすれば、幼女の心になりたい時には幼女の心に、大人の心に戻りたい時はすぐに戻れることを知りました。今日の約45分間の感触では、今後がんばればそれらの心のモードをコントロールできそうな気が確かにしたんですよ。

というワケで今、「起きている時に更に完璧な幼女の心(幼女の心+霊の心)になれるコツ」を掴みかけています。「心の底から無邪気になるコツ」も掴みかけています。今まで毎日コツコツがんばってきたご褒美かも。神様、ありがとうございます! もう神様大感謝祭です。


2013/04/20

もっと純粋で無邪気な幼女の心に近づけるように、日ごろから心の管理・心の修行をがんばります! その方法の一つとして、「純粋で無邪気な幼女の心になりたい!」という真剣な気持ちで動画を見て感情移入しながら、セリフを一緒に喋ること、そして家事の最中や仕事中でも彼女たちのセリフを喋って(もうほとんどセリフは暗記しているので)、自分自身が本当に幼女になったつもりで、ひたすら「幼女になりきる」ことです。そうすれば何かのはずみでフッと数分間だけ「本当に幼女のような心になる」ことが多いんです。その時の気分といったら、もう筆舌に尽くしがたいほどの心の喜びで、幸せいっぱいの気持ちになります。肉体的な快楽なんて足元にも及びません。

こんな気持ちで、「純粋で無邪気な心」に憧れながら動画を見ている人は、たぶん私くらいなもんでしょう。要するに、完全に女性の視点になって見ているってワケなんです。

幼女になりきる感覚は、役者さんが役になりきる感覚と似ているかもしれません(なりきるのが大事だということはネット友人に教えてもらいました。この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!)。ただ一つ違うのは、「大人が幼な子の心になりきるのは、かなり難しい」という点です。難しいけど、でも不可能ではない。実際に私は毎日数分間だけとはいえ幼女の心になることができています。

ここで、イエスの言葉。
はっきり言っておく。心を入れ替えて幼な子のような純粋な心にならなければ、決して天国に入ることはできない。どこまでも謙虚な気持ちになって、なおかつ幼な子のような純粋な心になる人こそ、天国で光り輝く存在になれるのだ
幼女の心を目指している身としては、骨身に染みます。天国に行けなくても、光り輝く存在になれなくてもいいから、いえ、そうなれるに越したことは無いけど、そんなに簡単に上の世界に行けるとは思えないから、差し当たっては、私は純粋で無邪気な幼女の心になりたいです。それだけが望みです。幼女の心になれるように一生懸命努力すれば、イヤでもだんだんと自然に霊性が上がってきて上の世界に近づいていくから、霊的に結果オーライなのです。

そうなんです。イエスが言っているように、大人が幼な子の心になることは、本気で一生懸命がんばれば、できるんですよ。最近それを実感しまくっています。「幼女の心になるなんて、最初のうちは絶対にムリだと思っていたのに、最近は少しずつだけど、だんだんできるようになってきてる。嬉しい!」という気持ちでいっぱいです。

あとはただ、神様と守護霊さんを信じて心の全てを委ねて、幼女の心を目指して、心の修行の道を突き進むだけです。もちろん、大人としての愛と英知は携えたままで。


2013/04/05

2013/03/12の独り言に書いたとおり、家事の手伝いをしている時は女としての幸せを感じているので、手伝いをしている時は心の中で、「お手伝い〜、嬉しいな〜、元気いっぱい張り切って〜、今日も〜めあちゃん〜お手伝い〜」と歌っています。母の家事を張り切って手伝う幼女の心になりきっています。次回人間界に生まれるなら、ぜひ妹の立場に生まれたいですね。でも私が自由奔放な分、お姉ちゃんに心配とか苦労をかけちゃうんじゃないかなぁ、とも思いますけどね。

でもやっぱり「妹」という立場には憧れます。上が姉であれ兄であれ、甘えられますから。で、お父さんにもお母さんにも甘えたいなーなんて思ったりもしますけど、それよか、「娘として」両親を愛したいです。愛を注ぎたいです。

そして、そういう思い、つまりは幼女の心を目指す強い気持ちがあるから、今の辛い人生をがんばれるんですよね。幼女の心を目指すことは、趣味なんていうレベルではなく、もはや「生きがい」と言っても過言ではありません。


2013/03/18

いつだったか、職場の上司から笑いながら言われた言葉があります。「**(私の苗字)さんは、とにかく、かわいいんだよな〜」って。何のことかとよく聞いてみたら、姿がかわいいんじゃなくて(悪うございました)、振る舞いとか素振りとか言動とかがかわいいんだそうです。

そう言われた当時は「なんのことだろう?」と思ったんですけど、最近になって問い正してみたら、「心があどけなくて純粋で、オマケに天然ボケが入ってるから、余計に言動が可愛らしく見えたんだよ。心が可愛らしい、っていうのかな、そんな感じ」なんだそうな。なるほどね。天然ボケってのは自分では解りませんしー。

でも、あどけないのはいいとしても、純粋ではないなー。うん、決して純粋じゃない。悪感情はまだまだ消せないし、煩悩も時々顔を覗かせるもん。でもでも、心が可愛らしいって言われて、内心「じゃぁ幼女の心に近づいてきてるってことじゃん! めっちゃ嬉しいー!」って思っちゃいました。もしかしたら霊界で幼女になる素質あるのかも。

あとは、とにかく心の中の不純な部分を消せるように努力しなきゃ。といっても、これがなかなか難しい…。が、がんばりまーす。


2013/03/12

最近は家事をやっている時、本当に「女としての幸せ」を感じてます。人間界に居るうちに幼女の心をメいっぱい発達させておいて、霊界で幼女の姿になったら、身なりもさっき言ったように幼女らしくして、行動も家事をやるなどして幼女らしくしたいです。作業は全部が全部意念のチカラで行うワケでもないでしょうし、実際夢幻界では手作業の仕事も多いらしいですから、望めば手作業もできると思うんですよ。家事は霊界では不要なものですけど、意念のチカラではなくて、あえて手作業で家事をやって、まるで母の手伝いをしている幼女という気持ちになって、自分の幼女らしさを感じたいです。そんなことを、洗濯物をたたみながら一人、しみじみ思いました。


2013/02/21

「四ツ葉のクローバーの声が聞こえる少女!?」の動画ですけど、今でもよくYouTubeで見ています。どこまでも純粋な霊的な心を持った5歳幼女、素敵です。それで思うんですけど、その人の心や性格というのは、表情だけでなく顔つきにまで表れるものなんだなぁと実感しています。彼女を見ていると、その表情や顔つきは本当に純粋そうな雰囲気を漂わせていますから。変身願望の対象としての憧れの気持ちが強くて、この動画もう何回見たか、覚えていません。

幼女化願望のためのお祈り」にも書いていますけど、山内菜々さん、そしてこの動画の女の子には、「どこまでも純粋で無邪気な心」という共通点があります。二人とも確かに外見的にもすっごく可愛らしくて憧れるんですけど、それ以上にやっぱり「」に憧れますね。

自己弁護する気はさらさらないですけど、美しいもの、愛らしいもの、純粋なものに憧れの気持ちを抱くのは、そんなに珍しいことではないですよね。そういうものに憧れの気持ちを抱けるようになったということは、むしろそれだけ、汚れた心だった昔の自分に比べたら、最近はみるみる心が浄化されてきている証拠なんじゃないかって思うんですよ。なんか、直感的にそんな感覚を覚えるんです。それって少しは霊的成長が進んでいることになるのかな? だといいなー。


2013/01/27

ニコニコ動画で幼女キュア・ビューティの「遊びたくてたまりませんたまりません」が面白いというか、ほんとに感情移入しちゃって、こっちまで童心に帰らせてくれます。その、自分の童心をもっと味わいたいがために何回自動リプレイしたことか…。ニコニコ動画って、ほんとに面白い動画がありますね。

仕事と睡眠時間帯の関係で、テレビでプリキュアを見れたのは「プリキュア5」だけだったりしますので、できれば他のシリーズもDVDなどを買って見てみたいところです。…ですけどーーーーーー、先立つものが! いえ、買えないことはないんですけど、何か臨時出費があった時のために、少しでも多く貯金を残しておきたいのです。ガマンガマン。


2013/01/15

最近本当に、切実に思います。「どこまでも純粋で、どこまでも無邪気な幼女の心」になれたら、どんなに素晴らしいことだろう、って。かくれんぼをして遊ぶ無邪気さ、ちょっと天然ボケが入った純粋無垢な言動、そんな心になれたら、本当に理想的だと思います。もちろん大人としての愛と英知は忘れずにですけど。

そういう「どこまでも純粋で無邪気な心」になりたいです。そうすれば夢や霊界での姿は後からついてくると思うので。そして、霊界に行ったらマリーベルのような「みんなに愛を与えて幸せにしてあげる仕事」をやりたいです。これらは全て霊的成長にも繋がって、いいことずくめですから。

この人間界に居る間に幼女の心になれるかどうかは、私の努力次第ですけど、間に合わなくて霊界にまで持ち越しちゃったとしても、がんばります。とにかく「いつか絶対に幼女の心になってみせる!」という気持ちでいっぱいです。

マリーベルを教えてくれた友人が、「ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー」も教えてくれました。ポプリのようなふわふわに膨らんだかわいいスカートを、霊界で幼女になったら穿いてみたいです。ファンファンファーマシィーの世界もとっても純粋で素敵ですね。マリーベルの次に好きになっちゃいました。友人には本当に感謝しています。ありがとう!


Home