◇独り言(2008年)◇


2008/05/27

今まで仕事に追われていて精神的にもいつも急いでいて、せっかちになっちゃって、いうなれば肉体的にも精神的にも「せかせかライフ」だったんです。でもこれは私本来の状態じゃないし、私は昔から「のんびりライフ」な人間なんです。いくら仕事に追われているからって、本来の自分を見失いたくはないよー。

仕事が忙しい時は仕方なく体を速く動かしますけど、これからは少なくとも精神だけは「のんびりライフ」に戻していこうと思います。のんびり屋な自分のほうが好きなんですよ。

でも霊界での幼女化願望だけは、できるだけ早く叶えたーい! 早く幼女化願望の実現に情熱を注ぎたーい!

基本的にはのんびり屋なんだけど、幼女化願望のような「美の追求」に関してはせっかちなようです。私はよく人から「芸術家タイプ」って言われます。プラモデルの改造でも、かっこいいと思えるような笛でも、パソコンのデザインでも、車やバイクのデザインでも、とにかく対象が何であれ「美の追求」をいつもしてきました。形態の美しさを追求することについては妥協を全く許さない、っていう性格なんです。やっぱり私はどこまでも芸術家タイプなんでしょうね。


2008/05/20

このサイトは、どこまでも自分の霊界での幼女化願望を追求する、いうなれば完全に自己満足のサイトですね。

ええ、自己満足なのは解っているんですよ。でも私はやっぱり自分の霊界での夢を追求したい! それが強烈に強い本心です。だからこのサイトは私にとって、とても大切なサイトなんです。

でもなー、あんまりマジメに書きすぎると疲れちゃうしなー。「500に及ぶあの世からの現地報告」でのオスカー・ワイルドからの通信によれば、マジメな人間ほどつまらない人間が多く、不真面目な人間ほど面白い人間が多いそうな。

これをマイヤース流に解釈すれば、マジメな人間は道を踏み外さないように慎重に人生を歩むので、それはいきおい視野を狭くし、つまらない人間になってしまう、ということなんだと思います。

マジメな人間が悪いとは言いません。マジメすぎる視野の狭い人間が問題なのでしょうね。私もマジメに生きるつもりですけど、時々ハメを外して不真面目に生きよーーーっと。いいのか?(笑)


2008/02/29

とあるドラマで、こんなセリフがありました。「私にとって大事なことは二つしかない。優しさと、それから、愛情だ!!」というセリフですけど、私なら、こう言います。

「私にとって大事なことは二つしかない。霊界においての、ティンホイッスル演奏願望と、それから、幼女化願望だ!!

…言うまでもないですね。


2008/02/02

子供化、幼女化整形、おかっぱ、女装。子供化、幼女化整形、おかっぱ、女装。子供化、幼女化整形、おかっぱ、女装。んあーーー! 早く霊界に行って幼女化願望を追求したーーーい!! かわいい幼女の姿になりたーーーい!!

すいません、最近かなり思いつめているようで、つい叫んでしまいました。ほんとに今日のは雑記だなぁ(笑)。


Home