◇個人的な覚え書き(ピッコロの演奏技術について)◇


力を入れ過ぎずに、上唇だけO君で、ダイヤを深く被せる。

重要:ダイヤ被せをやろうとすると必然的に「O君のように上唇を前に出して尖り反らす」ことになる。
また、ダイヤを深く被せれば被せるほどアパチュアが狭くなって高音部を出しやすくなることを発見。だからダイヤを深く被せるにはアゴを僅かに引く必要がある。引きすぎはダメ。

要するに、O君唇で、ややアゴを引いてダイヤ被せ。アゴを引いたままブレス。

O君唇は、風船ガムを膨らませる時の唇の形によく似ている。

−−−−アップデータ−−−−

軽く触れるだけ。

歌口半分くらい塞ぐ。

すごく自然な、力を入れすぎない、上付きむくれっ面上下チューで、ダイヤ被せ。
先っちょ三角筋を使って上唇を前に出して尖り反らしをするか、あるいは僅かにアゴを引いて下唇を引っ込ませるとダイヤを被せやすい。
(鼻と下唇で上唇を挟み込んで前に出す感じ。ディッ金アンブシュアやメンディーニアンブシュアに似ていて、とても良い)

ダイヤをできるだけエッジに近付くまで被せる。そのためには上唇の粘膜をもっともっと柔らかくしないといけない。そのためにフルートも平行して練習する。

上記のアンブシュアを口先のラッパに至るまで完全に維持したまま、一瞬だけアゴを強く引いて、口を殆ど開けずにブレス。
(こうするとブレスした後の一発目のタイムラグが出にくくなる)

今のアンブシュアは一番自然なアンブシュアで最も好きなアンブシュアだからこのままで続ければ良い。
多少の微調整のために苦労はしても、最も好きなアンブシュアが土台にあるのだから励みになるし長続きもする。
いくらいい音が出やすいといっても無理のあるアンブシュアでは疲れてしまい長続きしないし、それでは意味が無いから。

2019/12/29

すごく細い、JPCチューテント(コブ持ち上げとダイヤ被せをするため)

ニューボイスを吹く時はG#キーに右手の親指が触らないように注意。

構え方は、左に首を回して右にかしげて、右腕の脇を閉めて、上の4本の指はヒーリーと同じで傾けて、親指は筆式で構える。

2020/01/04

すっごく細い超攻め口(アゴはしわスライドよりも開け引きのほうが良い)で、モルノー肉を被せる(2018年の秋に見つけた原点のアンブシュアが再度できるようになったので)
このアンブシュアを保持するためには、アゴ引っ張り筋と三角筋をかなり鍛える必要がある


セッティングは、センターよりも1〜2mmくらい内側に回して、歌口を半分くらい塞ぐ(少しでもエッジを近づけるため)

C#の時は、右手の小指でベルを挟んで、なおかつ左手の薬指を当てて笛のぐらつきを防ぐ。
左手の向きを垂直に近くして指寝かせ半開きのC対策(決して左手の人差し指で管体を押し付けない。ヒーリーの場合は曲がっちゃうかもしれないので)

低音を練習すればするほど、高音をラクに尚且つ綺麗に出せるようになることを発見。
高音が上手くなりたかったら低音を練習すれば良い、ということがわかった。
なので今後は低音の練習重視でいく。低音も高音も同時にうまくなるので一石二鳥の練習方法だ。


しわスライド・締め寄せ・上唇、それぞれの力の入れ加減のパーセンテージは、
下から、100:50:0
低音ほどアゴを開けて高音ほどアゴを閉める。

2オクターブ目のハイエンドは、当然アゴをかなり閉めて、締め寄せをかなり強くする。

--------------------

強烈なしわスライド、程よく絞め寄せ、唇自体はぶるんぶるんに脱力、息圧でモルノー肉を膨らませる。アゴは低音ほど開けて高音ほど閉める。
(きょほ、ぶるんぶるんいも、アゴ開け閉め)

力の配分は、しわスライド10・絞め寄せ5くらいで、完全に脱力してぶるんぶるんに緩んだVをベタッと被せるかんじで。
このアンブシュアを維持したまま、アゴを強く引いたまま、口を殆ど開けずにブレス(タイムラグ防止のため)
つまり常時、強烈なしわスライドを保ったまま。

2オクターブ目のハイエンドは、アゴをよく閉めて息の向きを前にして、更に締め寄せを強くする。

(今の時点ではまだ上唇が脱力しきっていないので、上唇の完全脱力が今後の課題)

セッティングは、センターよりも1〜2mmくらい内側に回して、歌口を半分くらい塞ぐ(少しでもエッジを近づけるため)

C#の時は、右手の小指でベルを挟んで、なおかつ左手の薬指を当てて笛のぐらつきを防ぐ。
左手の向きを垂直に近くして指寝かせ半開きのC対策(決して左手の人差し指で管体を押し付けない。ヒーリーの場合は曲がっちゃうかもしれないので)

低音を練習すればするほど、高音をラクに尚且つ綺麗に出せるようになることを発見。
高音が上手くなりたかったら低音を練習すれば良い、ということがわかった。
なので今後は低音の練習重視でいく。低音も高音も同時にうまくなるので一石二鳥の練習方法だ。


−−−最新アップデータ−−−

しわスライド・締め寄せ・上唇、それぞれの力の入れ加減のパーセンテージは、
下から、100:50:0

強烈なしわスライド・程よく締め寄せ・脱力した上唇をベタっと被せる。
低音ほどアゴを開けて高音ほどアゴを閉める。

2オクターブ目の後半(左手の分)だけは、アゴを閉めて(つまり息の向きを水平寄りにして)、締め寄せをかなり強くする。

−−−−−−−−−−

「思いっきりアゴ開け・強烈なしわスライド」は基本中の基本だからこの際言葉で覚えずに無意識にできるようになること。
あとは、しわで締め寄せ、息圧でモルノー肉をベタっと被せる

----------

ハチロクレビンのワタル「このエンジンを載せたやつは車のことを恐ろしく熟知した人間だ」→文太おやじのこと

もっと勉強して、ピッコロが上手くなるための知識をたくさん得て、ピッコロの演奏技術のことを恐ろしく熟知した人間になりたい。
そうすればどんな状況に陥っても解決策をすぐに見つけられるから動じないで済む。
ピッコロの演奏技術のことを恐ろしく熟知した人間という意味で、ピッコロ界の文太おやじになりたい。

 

2020/02/19
「超攻め口・アパチュア大きく開け・モルノー肉」
の内訳は、
アゴ開け、しわスライド、締め寄せ、JPC上唇、大きなアパチュアに粘膜を息圧で押し出す。

 

−−−−−−−−−−

チョ〜攻め口&モルノー肉。(2018年9月の午前0時ごろに思い付いて使ってた自分向けのアンブシュアなので再度挑戦してみる)

アゴを閉め気味にして、
しわスラ
フラップ(でっかい三角アパチュアを作る)
プク奏法〜

----------

2020/03/03
開け引き・穴開きフラップ(でっかい三角アパチュアを作る)・プク埋め込み。
(これが最も崩れにくい、恒久的に使えるアンブシュアだと思う)

2020/03/06
歯逃がし、穴開き前田し三角フラップ、フニッ
(Yさん口を無理やり攻め口にしたもの(DOM2・Yさん口)に粘膜をフニッと埋め込む)

まずはアゴ開け引きで歯を逃がす。これは既に常識。
それから前出し三角フラップを作って上唇を真ん前に出せ。
そうすればでっかい三角アパチュアにフニッがスムーズにできる。
これは2018年の初心者時代にやっていた基本のアンブシュアだ。
特に前出し三角フラップを綺麗に作る練習をしろ。

−−−−−−

2020/03/07

超チュー(先っちょ尖り反らしのため)攻め口&モルノー肉でいいんだけど、アパチュアを閉めちゃうクセを抜かないとね。
笛を口に付けた時にアパチュアを閉めちゃうクセを抜かないと絶対に音は出ないぞ!
なぜならYPC62事件の原因はアパチュアを閉めていたためにモルノー肉さえもできていなかったため音が出なかったからだ。
アパチュアを閉めちゃうクセを抜くためには、「前出しチュー筋」をかなり鍛える必要がある。エア練習でもいいから両方練習&筋トレしなきゃ。

−−−−−−

2020/03/10

口の両脇をすっごくすぼめて、鋭いチューでアゴを引いて超攻め口、でっかいアパチュアをしっかり開けて、粘膜フニッ。

−−−−−−

2020/03/11

チョ〜すぼめ、チョ〜チュー、チョ〜攻め口、というトリプルチョ〜でアパチュアしっかり開けて、モルノー肉。
トリプルチョ〜でアパチュアをしっかり開けないとモルノー肉はできないすなわち音が出ないぞ!気を付けろ!

−−−−−−

前出しガバ近付けチュー、コブ持ち上げ、アパチュアを下向きにしっかり開けて、プニ粘膜。

前〜出〜し〜♪ ガバ近付けチュー♪ コブ持ち上〜げ〜♪ プニ粘膜♪
前〜出〜し〜♪ ガバ近付けチュー♪ コブ持ち上〜げ〜♪ プニ粘膜♪
そのアンブシュア〜を〜維持したまま♪ ブレス〜すれば〜タイムラグなし♪


<最新の覚え書き>

2020/03/16(出勤前の農道で30分模索した結果)

いかにしてダイヤ被せをしやすくするか、が大前提なので、

しわスライドで上下チュー。
下唇も使わなきゃダメ。

こうすれば、攻めチューとダイヤ被せができる。
コントロール感もあって、とても良い。

<最新の覚え書き>
2020/03/26午前中の農道にての結論

アゴ引きプク
と、
チョ〜攻め口(チュー含む)+モルノー肉

この2つをしばらく試してみる。

----------------------------------------------------------------------------------------

2020/03/20(小作・友田コースの最後の家を終えた時に思い出したアンブシュア)

完全に口全体の力を抜いてブレス、ブレスした後も息を吹き込む瞬間まで口周りは完全に脱力。

上唇を完全に脱力して、唇の両脇を僅かに締めてすぼめるだけで、あとは息圧だけで上唇のヒゲ内側スペースをプクーっと膨らませて一瞬で無理やり攻め口にする。
これに加えて、アパチュアをしっかり開けないと、例のブツ切れの音しか出ない。アパチュアをしっかり開けてどの音も鳴らし切ること。
最も意識するのはヒゲ裏へのエア入れとアパチュアしっかり開け!

これが、フルート時代の基礎のアンブシュアであり、当時のヒーリーやシャイニングを吹いてた時のアンブシュアだ。
これに完全に戻すように練習しよう。

膨らませて被せる練習だけならエア練習でも危険はない。仕事中でもガンガンエア練習するぞ!
名付けて「ヒゲ裏エア入れ・アパチュアしっかり開け・前出しダイヤ被せ」奏法。

あとは、どの高さが一番ヒゲ裏を膨らませやすくて前出ししやすいか、高さを探ること。

----------------------------------------------------------------------------------------

<最新の覚え書き>
2020/03/26午前中の農道にての結論

チュー攻め口(アゴをよく引いて、息圧でチューを膨らませる)
アパチュアしっかり開け(つまりコブ持ち上げを充分にする)
モルノー肉
そのアンブシュアを維持したままブレス(出だしのタイムラグ防止のため)

 

そしてアゴ引きプク
この2つをしばらく試してみる。

−−−−−−

2020/03/14(また、コブ持ち上げとダイヤ被せを重要視してみよう)

先っちょ尖り反らし筋を使って前出しコブ持ち上げ、
アゴを引くことによってアパチュアをしっかり開けて、
ダイヤ被せ。

そのアンブシュアを維持したままアゴを引いたままブレスすればタイムラグは出ない。

先日までの9ヶ月間の大スランプを脱せた最大の勝因は、「コブ持ち上げと、ダイヤ被せ」の重要さに気付いて練習したことに尽きる。これを絶対に忘れるなよ自分。

アゴ引き、すごく細い前出しチュー(コブ持ち上げをして、両脇を締め上げてアパチュアを縦ロにするため)、ダイヤ被せ。
このアンブシュアを維持したまま、アゴを強く引いて、口を殆ど開けずにブレス(タイムラグ防止のため)

以上は、ガバ近付けチューうつむきプニ粘膜(ビルヌーブ口)の発展形。これやったらタイムラグがかなり解消されつつある。

または、上付き前出し尖り反らしで「上前方向に」コブ持ち上げをして、アパチュアをしっかり開けて、ダイヤあるいはモルノー肉を被せる。
このアンブシュアを安定させるためには、三角筋をかなり鍛えなければならない。

−−−−−−

日頃の心がけ。

いつも冷静でいろ。
今以上に頭を使え。
もっと効率的な練習方法を考えろ。
エア練習はやり方を間違えると悪いクセが付きやすいので慎重にやること。


Home