◇守護霊さんへ◇


守護霊さんは、神様の媒介役。神様の声を聞きたいなら最も身近な媒介役の守護霊さんの声を聞くのが一番いい。

 

守護霊さん、いつもケガや病気から守ってくれてありがとう。

昔、レーシングカートやオートバイレースやカーレースなどという危険極まりない趣味をやっていたにもかかわらず、この体をケガから守ってくれて本当にありがとう。

それらの趣味を全てやめて、楽器という高尚な趣味に心が向くように働きかけてくれて、本当にありがとう。

私が今こうして何の不自由も無く楽器の演奏を満喫できているのは、ひとえに、今までケガから守ってきてくれた守護霊さんのおかげです。

友人によれば、性別まではわかりませんが、あなたは室町時代に生きた人らしいですね。
とても意思が強く、生きている悪人や霊界の悪霊からの悪感情をバーン!と強く跳ね返す力を持っていると直感で感じました。

その精神力の強さが私に良い影響を与え、私自身も気を強く持って、周りからの悪口や悪感情を跳ね返すことが時々できていた時期があったことは、あなたもよくご存知でしょう。
まるで侍のような勇敢さに見えたでしょうね。

あの時の侍のような毅然とした堂々たる気持ちになればいいんですね。

あなたの心を見習いたい。

これからは、あなたのメッセージや忠告と思われるような出来事をよく分析して、常にあなたを意識しながら生きていきます。こうして度々話しかけるようにします。

人間の殆どが守護霊なんて信じずに自分の欲望ばかりを追い求めている現代、守護霊にいつも話しかけて生きるという貴重な生き方に気付かせてくれて、ありがとう。

夢の中で「幼女の心と姿を目指すのは、考え方としては悪くない」とアドバイスをくれた時は嬉しかったです。

これからも、人生の指導役としてのあなたの考えを、いろいろ聞かせてください。


Home