◇アイリッシュフルートとピアノ始めました◇


アイリッシュフルートはディクソンのTB022 / Low-Dホイッスル&フルートのデュアルヘッド(真ん中へんの長くて黒いやつ)を民族楽器トーザイさんで買いました。

ピアノは・・・といっても15年くらい前にカシオのやっすい卓上キーボードを近所の電気屋さんで買ったまま眠らせてたのを最近になって復活させただけですけどねw

フルートはアンブシュアがほんとに難しい。昔フルキー付きのモダンピッコロを吹いてた時にアンブシュアが崩れて、死ぬほど辛い思いをしたけど、ホイッスル保険のおかげで、また横笛に再挑戦しようって気になれましたわ。音が出たり出なかったりで、試行錯誤の毎日です。

ピアノは、精神安定剤の代わりになってます。まだ鍵盤にABC音名書かないと間違っちゃうレベルだし、園児さんよりもヘタな超ヒヨコだけど、弾いてると気持ちが落ち着くんですよねー。静かな気持ちになれる。大人になってからだったけど始めてよかったです。

 


模様替えして今はこんな配置。DTMerみたい?(どこが)

 

そして後になって↑のCTK120のチューニングが狂ってきていたことがわかり、第一線から引退させました。今までありがとう。本当によく助けてくれたね。お疲れ様。

新しくお迎えしたのはやはりカシオの、今度は76鍵モデルのWK-6600です。ヤマハも候補に入れておいたんですけど、音色の数の多さと値段でカシオにしました。


届いた〜


意外とおっきい


うおおおお


設置するのに今までのスペースではまるで足りなかったので、家具を一つ撤去して机をずらしてそこになんとか入りました。CTK120が50鍵だったけど76鍵がこんなに大きいとは思わなかった。


電源を入れると標準でピアノの音色に。本物のピアノの音みたいです。感激!

数年間はこのWK-6600を使っていきたいです。ええ、チューニングが狂ってくるまではずっと使いたい。できれば10年くらいもってほしいな。もしいつか寿命で使えなくなったら、今度はRolandのJUNO88鍵モデルを買う予定です。

これが来てから「またキーにABC音名アンチョコ書こうかな」と思ったけど、それではいつまでたっても進歩しないと気づいたので、絶対書かないことにしました。アンチョコなしで弾けるように練習中です。


愛犬と私

ほんとに、こんな気持ちですね。


Home