◇はじめに◇


見た夢の内容を記録しておいて、分析するためのページです。

元々夢というのは、睡眠中に肉体から幽体が抜け出している状態(ダブルは抜け出ない)で、肉体に残された脳の記憶が勝手に断片的な記憶や印象を送っているだけのことが多いです。ですから内容や繋がりがメチャクチャな意味不明の夢になることが多いようです。

でも、実際に幽体が霊界に行って見聞きしてきた内容も僅かながら含まれていると思います。かなり莫大な情報を霊界で仕入れて肉体に帰ってきているハズなんですけど、残念ながら私の霊感ではあまり思い出せません。霊界旅行は異次元の世界なので、少しでも霊感がないと思い出せないものなんですよね。とはいえ、人間は誰でも大なり小なり霊感を持っています。「自分には霊感が全くない」と思っている人でも、実はかなり霊感が強かったりすることもあります。ですから誰でも睡眠中は霊界旅行の記憶をたずさえてきているんですよね。その内容は訓練すれば思い出せるようになるようです。

私は日常的に霊体験をしてるし、ちょっとだけ霊感を持っているようなので、少しならば霊界旅行の内容を思い出すこともあるようです。

夢を見ている時は夢の中の世界が現実だと思い込むことが多いですよね。睡眠中は幽体離脱をして霊界旅行をしているんですから、夢は霊界旅行の体験であり、どこまでも現実なんです。なにせ本体である魂も肉体から抜け出ているんですから。そう考えると、人間は人間界での現実と霊界での現実の両方を体験しているんだと思います。

そう、脳細胞が勝手に吐き出した映像を除けば、夢も霊界旅行という名の現実なんですよ。夢でどんなに「ありえなーい」と思えるほどの超常的でファンタジックな体験をしても、それは現実。もちろん私が夢でかわいい5歳幼女の姿に変身していても、それもやはり現実。そう考えると無性に嬉しくなっちゃいます。

このコーナーに書いている夢の内容は、単なる脳細胞が吐き出した勝手な映像のことも多いでしょう。分析も的外れなものが多いでしょう。でもいいんです。「探ってみよう」という意気込みさえ失わなければ、僅かでも本当の、霊界での映像を思い出せるハズですから。

見た夢の内容の分析の部分には

新しいログほど上になっています。


メニューに戻る