◇フルートとピアノも大好き◇


愛用のフルート

フルートは5本愛用しています。

1本目はモダンフルートで、YAMAHA YFL-211 SIIです。下倉楽器本店さんでセミオーバーホールされたものを中古で買いました。とりあえずケータイで撮影したけど、あとでちゃんと画質のいい写真を撮りたい。

このYFL-211は仕事には絶対に持って行かず(高いフルートだから万一盗まれたら大ショックなので)、プライベートで丁寧に大切に扱いながら吹くだけにしています。それだけかなりのお気に入りなんですよ。

このフルート、一週間くらいで、やっとマトモな音が出始めて安心しました。今後もがんばるぞ。

吹き終わったあとは、管体内部掃除、タンポ掃除、ジョイント掃除、表面掃除をして机の引き出しに大事にしまっています。かわいいヤツ。

ツイッターの自分のツイートから、ちょっと嬉しかったことと、わからなかったこと。

https://twitter.com/watashi_meachan/status/912247974616371200

めあ@幼な子のように何でも愛したい @watashi_meachan 2017年9月25日

 

今回買ったYFL211って、
「コスパがとっても良くて世界中のベストセラー。ヤマハの一番安いモデルで初心者向けに作られていることもあり、
頭部管の作りは初心者でも音が出しやすいようにリッププレートの息が当たるエッジの直線部分が長く、少々唇がズレてもちゃんと音が出る」
と評価があった。

 

何も考えずに「下位モデルだけど定評のあるヤマハだしEメカニズムが付いてるしカバードキーだからラクだし、これにしよう」と決めたけど、
初心者向けモデルを偶然選んだって意味でラッキーだったんだ。
頭部管の内部テーパーがY、E、Hタイプあるけど、音出しの容易さに関係あるのかな?

 

リッププレートと歌口が音出しの容易さに直接関わってくるというのはさっき知った(爆)けど、YFL211の内部テーパーはY、E、H(G?)のうちの、どれなんだろう?

https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/flute/mechanism/mechanism002.html

ヤマハの中で一番音出しが容易なのはYFL211という認識でいいのかな?

 

今回買ったYFL-211SIIだけど、エントリーモデル(初心者向け)ということもあって、ヤマハのフルートの中では一番音が出しやすいの? どうなの? 本当だとしたら本当にラッキーだったんだ。働きかけてくれた守護霊さんに感謝しなきゃ。

後から知ったけど、YFL-211って一番下のモデルかと思ってたけど、下から2番目なのね。一番下はEメカニズムが付いてないYFL-221らしい。

参考リンク。

ヤフー知恵袋から  その2

http://hafutatu8713.blog101.fc2.com/blog-entry-852.html

https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/flute/mechanism/mechanism002.html

ヘッド内部のテーパーのタイプの違いって、音出しの容易さと関係あるのかな?

 

http://www.naru-gakki.com/flute-classification/

フルートはてっきり「ウインドウェイやリードが無いから金管楽器」かと思ってたら、エアリードという概念での木管楽器だったんですね。

もっと音出ししやすいモデルがあったら、セカンドフルートとして、それも買っちゃうかも。

 

***********************************

2本目は、Nuvo Student Fluteの白です。モダンフルートのプラスチック版。


通常の足管部を付けた、C管状態


D管足管部に付け替えたD管状態。最低音のCとC♯が出ないだけで、あとは普通のフルートと同じ音域で吹ける。

これを使い始めた当初は、写真のとおりキーエクスエンション(G、G♯、A)を付けないと指が届きにくいので付けてましたけど、慣れてきたので今ではノーマルに戻しています。

おまけ。吹き込めば必ず音が鳴る、リッププレートの代わりのフィップル。


これは、最初から使う気はなかったけど付属で付いてきたから、誰かにあげる時が来るまで机にでも仕舞い込んでおこう。

 

***********************************

3本目は、GUO Tocco Flute in Cです。これもプラスチックのモダンフルートですが、Nuvoに比べたらけっこう高級なやつ。茶色っぽい色に木のイメージがあったので気に入って買いました。

 

*********************************

4本目もやっぱりプラスチックのモダンフルートで、メーカーによれば高分子合成樹脂という特殊なプラスチックでできた、GUO ニューボイスフルート in Cの白なんですが、注文は済ませてあるけどまだ入荷待ちなので写真はありません。代わりにリンクで。

届いたら写真載せます。

http://www.gflute.com/performer/item/168-catalina-popa

この人が吹いてるのと同じやつです。入荷までに一ヶ月以上かかるとか・・・待ち遠しいな。

https://www.dolce.co.jp/flute/brand/original/guo-flute/

この写真の真ん中のやつです。台湾本舗のサイトでは「Snow White」というカラーリング名になってます。

これが届いたら、たぶんもうモダンフルートは欲しいのがなくなると思います。同じDUOのグラナディッティには全然興味ないし、YAMAHAとかの木製の100万以上するフルートも考えてたこともあったけど、ズボラな私はきっと水分除去管理不十分で割っちゃうかもしれないので木製は怖いし、何よりプラスチックフルートのメンテナンスフリーで手軽に扱えて軽いところが大好きなので、今後もたぶんプラスチックフルートを主に使うと思います。
でも冒頭に書いた金属製のYAMAHA YFL-211S2も、管理に気を使うとはいえ金属製独特の音色が気に入って時々吹いてます。

 

***********************************

5本目、これだけはキーメカニズムの一切付いていないアイリッシュフルートで、ディクソンのTB022 / フルート&Low-Dホイッスルのデュオヘッドを、民族楽器トーザイさんで買いました。ローホイッスルにもなるので、気分によってデュオヘッドを使い分けています。

 

フルートはアンブシュアがほんとに難しくて試行錯誤の毎日です。昔モダンピッコロを吹いてた時にアンブシュアが崩れて、死ぬほど辛い思いをしたけど、ホイッスル保険のおかげで、また横笛に再挑戦しようって気になれましたわ。


愛用のピアノ

ピアノは2016年の4月から始めました。それまで全然弾けなくて、片手でメロディをゆっくりたどることしか出来なかったけど、一年半経った今、やっぱり間違えながらもこれだけ弾けるようになりました。両手でアルペジオとか、片手でオクターブとかもなんとかできるようになってきています。

ピアノは、精神安定剤の代わりになってます。園児さんよりもヘタな超ヒヨコだけど、弾いてると気持ちが落ち着くんですよねー。静かな気持ちになれる。大人になってからだったけど始めてよかったです。

アップライトピアノを一台持ってるんですけど、数年前から家庭の事情で楽器の音が出せなくなってしまったので、もっぱら電子ピアノを弾いています。カシオ76鍵モデルのWK-6600です。ヤマハも候補に入れておいたんですけど、音色の数の多さと値段でカシオにしました。


設置するのに今までのスペースではまるで足りなかったので、家具を一つ撤去して机をずらしてそこになんとか入りました。


電源を入れると標準でピアノの音色に。本物のピアノの音みたいです。感激!

数年間はこのWK-6600を使っていきたいです。ええ、寿命で壊れるまでずっと使いたい。できれば10年くらいもってほしいな。



愛犬と私

ほんとに、こんな気持ちですね。


Home