◇モダンフルートとティンホイッスルとピアノも大好き◇


モダンフルートは3本愛用しています。買った順に書いていきます。

 

YAMAHA YFL211S2

最初に買ったのはYAMAHA YFL211S2です。下倉楽器本店さんでセミオーバーホールされたものを中古で買いました。

吹き終わったあとは、管体内部掃除、タンポ掃除、ジョイント掃除、表面掃除をして机の引き出しに大事にしまっています。かわいいヤツ。

ツイッターの自分のツイートから、ちょっと嬉しかったことと、わからなかったこと。

https://twitter.com/watashi_meachan/status/912247974616371200

めあ@幼な子のように何でも愛したい @watashi_meachan 2017年9月25日

 

今回買ったYFL211って、
「コスパがとっても良くて世界中のベストセラー。ヤマハの一番安いモデルで初心者向けに作られていることもあり、
頭部管の作りは初心者でも音が出しやすいようにリッププレートの息が当たるエッジの直線部分が長く、少々唇がズレてもちゃんと音が出る」
と評価があった。

 

何も考えずに「下位モデルだけど定評のあるヤマハだしEメカニズムが付いてるしカバードキーだからラクだし、これにしよう」と決めたけど、
初心者向けモデルを偶然選んだって意味でラッキーだったんだ。
頭部管の内部テーパーがY、E、Hタイプあるけど、音出しの容易さに関係あるのかな?

 

リッププレートと歌口が音出しの容易さに直接関わってくるというのはさっき知った(爆)けど、YFL211の内部テーパーはY、E、H(G?)のうちの、どれなんだろう?

https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/flute/mechanism/mechanism002.html

ヤマハの中で一番音出しが容易なのはYFL211という認識でいいのかな?

 

今回買ったYFL211S2だけど、エントリーモデル(初心者向け)ということもあって、ヤマハのフルートの中では一番音が出しやすいの? どうなの? 本当だとしたら本当にラッキーだったんだ。働きかけてくれた守護霊さんに感謝しなきゃ。

後から知ったけど、YFL211シリーズって一番下のモデルかと思ってたけど、下から2番目なのね。一番下はEメカニズムが付いてないYFL221らしい。

参考リンク。

ヤフー知恵袋から  その2

http://hafutatu8713.blog101.fc2.com/blog-entry-852.html

https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/flute/mechanism/mechanism002.html

ヘッド内部のテーパーのタイプの違いって、音出しの容易さと関係あるのかな?

 

http://www.naru-gakki.com/flute-classification/

フルートはてっきり「ウインドウェイやリードが無いから金管楽器」かと思ってたら、エアリードという概念での木管楽器だったんですね。


Nuvo Student Flute

2本目に買ったのはNuvo Student Fluteの白です。モダンフルートのプラスチック版。


通常の足管部を付けた、C管状態


D管足管部に付け替えたD管状態。最低音のCとC♯が出ないだけで、あとは普通のフルートと同じ音域で吹ける。

これを使い始めた当初は、上の写真のとおりキーエクスエンション(G、G♯、A)を付けないと指が届きにくいので付けてましたけど、慣れてきたので今ではノーマルに戻しています。そしてカラーキーキャップを付けて遊んでるw

Nuvo社(Nuvo Instrumental LTD)の製品の日本での輸入代理店は「キョーリツコーポレーション」らしいですね。 アメリカにも正式な輸入代理店というかNuvoのオフィスがあるようですし、ヌーボ社にはですね、ぜひ安いバスフルートを作ってほしいです。ほんとはGUOのバスフルートが欲しいんだけど高すぎて買うのをためらうので、Nuvo社さん頑張ってバスフルートも作ってください。Nuvoの名に見合うほどのコストパフォーマンスならソッコー買いますよ。お願いします。

 

おまけ。吹き込めば必ず音が鳴る、リッププレートの代わりのフィップル。


これは、最初から使う気はなかったけど付属で付いてきたから、誰かにあげる時が来るまで机にでも仕舞い込んでおこう。


GUO New Voice Flute in C

3本目に買ったのもやっぱりプラスチックのモダンフルートで、メーカーによれば高分子合成樹脂という特殊なプラスチックでできた、GUO ニューボイスフルート in Cの白です。台湾本舗のサイトでは「Snow White」というカラーリング名になってます。

http://www.gflute.com/performer/item/168-catalina-popa

この人が吹いてるのと同じやつです。

https://www.dolce.co.jp/flute/brand/original/guo-flute/

この写真の真ん中のやつです。

このニューボイスフルートが一番最近買ったフルートなんですけど、最高にお気に入りのこのフルートが手に入ったので、もうモダンフルートは欲しいのがなくなっちゃいました。同じGUOのグラナディッティには全然興味ないし、YAMAHAとかの木製の100万以上するフルートも考えたこともあったけど、プラスチックフルートのメンテナンスフリーで手軽に扱えて軽いところが大好きなので。

このニューボイスフルートを吹いてみて思ったことは、ドルチェ楽器さんのおっしゃっていたとおり、慣れないうちは最低音のB、C、C♯が非常に出しにくいこと。これはディクソンSVの最低音の出し方と同じで、コツさえ掴めば大丈夫なので私の腕の問題に過ぎないということで、ただ単に今後練習がんばればオッケーだからいいとして・・・

金属製のフルートやNuvoフルートに比べたら、全体的にかなり少な目の息量で吹けること。普通のフルートと同じ吹き方をすると音が裏返って「キーン」というフリーキートーンが混じるので、必然的に少ない息で吹かざるを得ないこと。
いや本当に上手い人が吹けばたくさんの息量でデカい音を出せるんでしょうけど私にはまだそれは無理wwwなので全体的に少な目の息量で吹いてます。

音色は、あくまで個人的な感想ですけど、木のフルートに近いような温かくて控えめの音色ってかんじに思いました。これも好きだわー。

でも金属製のYAMAHA YFL211S2も、管理に気を使うとはいえ金属製独特の、あの音色も好きで時々吹いてますよ。

フルートはアンブシュアがほんとに難しくて試行錯誤の毎日です。昔モダンピッコロを吹いてた時にアンブシュアが崩れて、死ぬほど辛い思いをしたけど、ホイッスル保険のおかげで、また横笛に再挑戦しようって気になれましたわ。


ティンホイッスル

ディクソンSVというティンホイッスルが一番好きなのですが、ここではとてもじゃないけどその熱い思いを全部は伝えきれないのでディクソンSV専用ページを作って、熱くしつこく長々と語っています!w 私のディクソンSVに対する思い入れがギンギンに詰まっていますので、ぜひご覧ください。


電子ピアノ KORG B1

ピアノは2016年の4月から始めました。それまで全然弾けなくて、片手でメロディをゆっくりたどることしか出来なかったけど、一年半経った今、やっぱり間違えながらもこれだけ弾けるようになりました。両手でアルペジオとか、片手でオクターブとかもなんとかできるようになってきています。

ピアノは、精神安定剤の代わりになってます。なかなか上達しないけど、弾いてると気持ちが落ち着くんですよねー。静かな気持ちになれる。大人になってからだったけど始めてよかったです。

アップライトピアノも一台持ってるんですけど、数年前から家庭の事情で楽器の音が出せなくなってしまったので、もっぱら電子ピアノにヘッドホンを付けて弾いています。

現在使っている電子ピアノは、88鍵フルサイズの、KORG B1です。NH鍵盤のおかげで打鍵音がほとんどしないので、ヘッドホンさえ付ければ真夜中でも打鍵音を全く気にせずに弾きまくれるのが最大の魅力。


KORG B1

 


Pちゃんと私。ほんとに、こんな気持ちですね。

ほんとに、笛とピアノがあれば幸せです。

 

ここから以下の話は、毎日何時間も弾き込んだあげくに、わずか半年で使い古しちゃってガタとひどい異音が出てきて壊れちゃって引退させた、76鍵モデルのCASIO WK-6600の思い出話です。私の弾き方が乱暴だったのか、元々早く壊れるように作られていたのかはわかりませんけど、供養の意味でwww写真を残しておきます。


Home